スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【総領事館からのお知らせ:デング熱、狂犬病に関する注意】

【総領事館からのお知らせ:デング熱、狂犬病に関する注意】

平成22年9月7日(総10第31号)
在デンパサール日本国総領事館

1.デング熱
インドネシアの風土病の一つであり、従来からバリ島を含むインドネシア全域で患者が確認されていま
す。バリ島では今年になって患者数が増加傾向にあり、既に例年の年間患者数(約6千人前後)を上回って
います。
デング熱は季節によって患者数の増減はありますが通年発生が確認されています。現在はワクチンも治療薬
もありませんので、蚊に刺されないよう防蚊対策をしっかり行ってください。
症状によっては、入院や緊急移送が必要となる場合もあります。加入している海外旅行保険等の必要な連絡
先を事前に確認されることをお勧めいたします。
(1)予防方法
 ● デング熱を媒介するネッタイシマカ、ヒトスジシマカ等は古タイヤの溝などのわずかな水たまりで繁殖
するため都市部でも多くみられることを念頭に置き、外出する際には長袖シャツ・長ズボンなどの着用によ
り肌の露出を少なくし、肌の露出した部分には昆虫忌避剤(虫除けスプレー等)を2~3時間おきに塗布す
る。
 ● 室内においても、電気蚊取り器、蚊取り線香や殺虫剤、蚊帳(かや)等を効果的に使用する。
 ● 規則正しい生活と十分な睡眠、栄養をとることで抵抗力をつける。
 ● 突然の高熱や頭痛、関節痛や筋肉痛、発疹等が現れた場合には、デング熱を疑って、直ちに専門医師の
診断を受ける。
(2)参考
デング熱の原因はウイルスで、蚊(ネッタイシマカ、ヒトスジシマカ)に刺されて感染します。これらは早
朝や夕方に活発(夜間に刺された事例もあります)で、屋外より家屋内で刺されるケースが多いようです。
 典型的な症状としては、倦怠感、発熱、関節痛、頭痛、目の奥の痛みなどで、38度程度の熱が数日続
き、その後発疹が出現します。一段落してからも数週間は肝機能障害や倦怠感が続きます。重症度は様々
で、風邪程度で済むケースもあります。

2.狂犬病
バリ島では2008年11月に初めての患者が確認されて以降、現在でも引き続き発生しており、これまで
バリ島における狂犬病での死亡者は70人を超えています。インドネシア政府やバリ州政府もバリ州におけ
る狂犬病撲滅のため、犬へのワクチン接種、野良犬の捕獲、ヒト用ワクチンの準備などの対策を行っていま
す。

狂犬病は犬だけでなく猫やイタチ等の他の哺乳動物からも感染する可能性があるため、犬や猫などにむやみ
に手を出さないよう注意し、もし狂犬病のおそれのある動物に咬まれてしまった場合には、速やかに医療機
関で受診して適切なワクチンを接種してください。

○参考
狂犬病~もし、咬まれたらすぐに医療機関へ(2010年3月)
http://www.pubanzen.mofa.go.jp/info/info.asp?num=2010C070
以上

**************************************************************************
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。